アンセルはデンマーク体操を愛好するグループです。

アンセルについて

ご挨拶

アンセル ロゴ1931年、デンマークの体操チームの来日に多大な影響を受け、以来、日本でも体操は身体鍛錬に欠かせないものとして学校体育、海軍、国鉄、YMCA、ラジオ体操などの社会体育にとり入れられ、継承されて今日に至っています。
しかし近年になるとエアロビクスやヨガ、様々なダンスの流行など好みの多様化、競技性の高いスポーツへの関心が増したことなどにより、体操は地味で面白みのない、指導がしにくいものとみなされて、学校体育からさえも「体操」の文字が消えたことは残念なことです。

私達は、体操はすべての身体活動の元になる「よい体」作りの基本と考えます。健康で活動的な体はより愉快な生活を支える柱となることでしょう。
何より良い仲間と共に汗を流す時間は楽しいものです。

デンマーク体操クラブ・アンセルは身体を動かすのが大好きなメンバーが年齢差も経験差もこえて色々な所から集い、月一回体操をしています。年一回の交歓会、合宿、またデンマークとの交流も企画しております。
いつでも新しい仲間を歓迎いたします。

アンセルの由来

アンセルの連隊飛行アンセル(anser)とは、ガンカモ科マガン属の鳥のことです。
日本で最も代表的なのはマガンで、毎冬6,500〜8,000羽が ユーラシア・北米寒帯から渡来し、春にはまた北へ旅立っていきます。
古くは、文部省唱歌の「雁(雁がわたる)」の中で、「月のさやかな秋の夜に/棹になりかぎになり/わたる雁 おもしろや」と歌われるように、リーダーの指示に従い風の方向によって隊形を変えながら、美しい隊列を組んで飛ぶことが知られています。
風の強く当たる先頭役は力のある若い鳥が代わる代わる務め、後方に経験の浅い幼い鳥や体力のない鳥を配し、力を合わせて長い旅をする英知には感心させられます。
私達もこの鳥にならって、皆で力を出し合って体操をしたいと思い、グループの名前を「アンセル」としました。

活動概要

目的

  1. 体操を愛好し、生活に根付かせ身体を健全に育む
  2. 体操の喜びを分かち合い 輪を広げる
  3. 体操を通し内外の仲間と交流を深める

活動内容

日時
  • 月1回(土曜日または日曜日) 2時間
  • 不定期に臨時の練習あり
会場
  • 主に世田谷区玉川中学校 格技室(大井町線上野毛駅下車)
  • その他/世田谷区・目黒区公共施設 及び オリンピック記念青少年総合センター
会費
  • 年会費:3,000円(1月〜12月)
  • 活動費:6,000円(半期分 1月〜6月、7月〜12月)
  • 特別会費:合宿・交歓会・臨時の練習等の参加費用はその都度納入
  • ビジター参加費:1,500円/1回

事務局

住所
横浜市西区平沼 1-4-26-1108

お問い合わせ

ご意見・ご質問など、アンセルへのお問い合わせは下記メールアドレスより承ります。
参加ご希望の方も、こちらからご連絡ください。

e-mail
YUKI_FURU0216@SNOW.OCN.NE.JP
(スパム防止のため全角文字で記述してあります。このメ−ルアドレスを半角英数文字で入力し直してください。)

代表者

名誉会長
羽仁 淳

1927年 生
1947年〜1999年 自由学園にて体操指導
1953年〜1955年には、オレロップ国民高等体操学校に留学、二代目校長 アーネ・モーテンセン(Arne Mortensen)氏に学ぶ
1998年よりアンセル会長
2000年よりアンセル名誉会長
名誉会長
堀内 浩二

1928年 生
1951年よりYMCAに在籍
体育リーダーとしてデンマーク体操の指導にあたり現在に至る
YMCA 柳田 亨氏 国鉄OD会に学ぶ
2000年よりアンセル会長
会長
島村 正樹

1952年 生
アンセル発足当時からのメンバー
2016年よりアンセル会長
Copyright © 2007 ANSER All rights reserved.